思い出〜Recollections

アクセスカウンタ

zoom RSS 上田桑鳩の臨書手本と通信教授

<<   作成日時 : 2009/12/20 19:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

桑鳩先生の最初の臨書手本(半紙)@………楮遂良「枯樹賦」
画像 画像 『先日は失礼しました お話しの手本を送ることに致しましたからお習ひ下さい毎月習作的なものを届けることにしませう 二月末か三月上旬に岡山県堺まで行きますから その節お訪ねしませう  二月五日』



画像画像



















     画像  画像





桑鳩先生の郵送・手本A………楮遂良「哀冊」

画像 『哀冊処々の習作です』


画像画像













 





画像

画像 画像



















画像






桑鳩先生の郵送・手本B………楮遂良「帝京篇?」
画像
『楮遂良の帝京篇の臨書です これはなかヽヽ面白いもので筆筋が通りつヽ呼吸長く沖融の世界に遊んで居ます やってみなさい面白いですぞ  十一月二十一日 上田生 』

画像画像













画像 画像 画像

画像画像

























桑鳩先生の郵送・手本C………太宗「温泉銘」
       画像      画像
『 七 八 九月は忙しいから 今の内に三ヶ月分送っときます 温泉銘こんなことして見たのです 』



   画像     画像

画像画像




















   画像    画像



画像画像




















画像画像




















               画像    
















一丘先生の清書作の添削

次の添削が最初のものであろう。

画像








画像 画像









 







<河田一臼記念館TOPへ>






 



月別リンク

上田桑鳩の臨書手本と通信教授 思い出〜Recollections/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる